A Perfect World


前に前に進むのだ!
by floorly
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

致命的遅刻

御柱のために有給取った。朝も弱いのにちゃんと起きたし、送迎バスにも乗れた。私が氏子である御柱も、本体には会えなかったもののとりあえずは曳航に参加できた。
それにしても今年の御柱は人が多い…なぜだろう。宣伝のしすぎなのか。氏子じゃない人の数も多い気がするけど(実際多かったらしい)。私が氏子である御柱(以降my御柱)は初日最後の御柱で、メインイベントの木落しは15:45の予定だった。その日は合計で3本の木落としが予定されていて、前の2本は順調に、ほぼ時間通りに落としたらしい。
さて、my御柱は地区の休憩所の前を通るはずなのに、いつまでたっても通らない…。御柱の先頭を行く旗持ち(地区の名前の入った旗を持つ人)がやっと来たものの、御柱本体までまだ距離がありそう。しかたがないので、木落としがよく見える観覧席の方へ父母と移動。すでに陽は傾きかけている。観覧席は2000円と有料で、すでに売り切れとの事だったので、その近くに立っていた。だんだん陽が陰ってきて寒くなってきた。しかも立っている場所の側には小さいながらも雪解け水が流れる川があるので空気はどんどん冷えていく…。ありゃ、観覧席に入っていいって!?猛ダッシュで真正面の席をゲット!これでちょっと待つのに楽になったかなぁ。
時間は刻々と過ぎていく…でもまだ木落とし坂の上に御柱は見えない。文句ぶつぶつ、寒さにがたがた、そのうちについに暗くなってきた。暗くなると木落とし自体が見えないぞ!おまけにただでさえ急斜面だから乗ってる人間びびるので、絶対に迫力に欠ける!!早く、早く落とすんだーーー!…という心の叫びはまったく届かず、どんどん暗くなっていく。デジカメで撮れるかしら…液晶に何にも映ってないよ…。ここまでですでに3時間遅れの18:45。ついに提灯まで坂から降りてきた。提灯なんてどうでもいいんだ!my御柱を落とすんだよ!(泣)
そしてついに落ちた時には真っ暗な上に、途中で御柱止まる、なんとも迫力のかけらもないものだったとさ…。3時間の遅刻は致命的だろ。また7年待つのかよ!!
[PR]
by floorly | 2004-04-13 14:27 | Diary

Outside Links

最新のトラックバック

ホワイトバンドとSTAN..
from 天下一ケンチクンへの挑戦  ..
ホワイトバンド
from KICKSBIZ-スニーカー..
ホワイトバンドを身につけ..
from 自然の法則って?
ケガをする。
from 逃げ水を追う
チーズケーキ
from これはおいしかったチーズケー..

ファン

ブログジャンル

画像一覧