A Perfect World


前に前に進むのだ!
by floorly
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:Business( 56 )

Google Analyticsの挙動が不審

高機能なアクセス解析ソフトと無料で使えるということで、会社で運営している某ポータルサイトに表題の「Google Analytics」を使っています。
すでにご存知の方も多いと思うのですが、Googleに会員登録をしてから、Google Analyticsサイトではき出されるトラッキングコードを各HTMLの、の直前に置く物なので、アクセス解析はログインしてGoogle Analyticsサイトで確認します。
ところが…ここ2週間くらい挙動不審なのです。

どうのように挙動不審なのかというと、Google Analyticsの解析ページはとりあえず問題ないのですが、トラッキングコードを埋め込んであるページへのアクセスが、超遅い!!!
一応、ページの表示はサクッと出来るのですが、その後ずーっと考えてる訳です、ブラウザが。
そしてさらにはエラーが…
トラッキングコード内の「http://www.google-analytics.com/urchin.js」が読み込めないんだそうな。

始めのうちはうちのサイトだけかと思っていたらそうじゃなく、Google Analyticを使っているサイトはすべて同じ!
しかも結構普及しているそうで、ほとんどのサイトで同じような現象が発生しています。
エキサイトブログも同じ…まさか検索サイトで自社で解析ソフト使ってないとは思わなかったですよ、びっくりびっくり。

それに気づく前までは何にもストレスなく使えていたので、どうにも納得できずGoogle Analyticサポートに問い合わせてみると…
通常、トラッキングコードが読み込みのパフォーマンスに影響することはございませんが、トラッキングコードを追加したページを最初に表示する際は、読み込みに若干の時間がかかる場合も稀にございます。 これはページを最初に表示する際は Google サーバー上の JavaScript が呼び出されることに起因します。 2 回目以降のページビューではキャッシュされたデータが使用されるため、影響はございません。

…影響してるじゃん!嘘つきーーー(怒)

しかもGoogle Analyticが、の前にって書いてあるのに、内に置いてあるサイトなぞ、もっと最悪です。
urchin.js読み込むまでページは表示されません。なんてこった。

それで、いろいろネットで調べてみたのですが…意外とみなさま文句言ってない…。
ということは、私だけなんでしょうか、これで悩んでいるのって(-_-;)
ちなみにうちの会社のしゃちょーのところも同じなようで、ちょっと安心(!?)しましたが…。

もしかして回線が光とかだと、気にならないくらいなのでしょうか。
これ、パフォーマンスが悪いままならトラッキングコード、抜かないとダメダメですね(涙)。

みなさま、気になってませんかー?
[PR]
by floorly | 2008-04-17 12:52 | Business

新記録かも…

大急ぎの某プロジェクトにて…
今月中の納品のサイトを制作しているのですが、予算が無いので、デザインを友達価格でお友達にお願いし、私がHTML等を制作することに。

先週の金曜にデザインを凍結し、今週月曜日から制作に入りました。
ページ数はそんなになかったのですが、CSSとJavaScriptをそこそこ使ったサイトで、結構試行錯誤しつつ、友達にいろいろ質問かましつつ、しゃちょーに「邪魔するな」オーラを放ちながら制作して…
原稿が揃っている部分に関しては、昨日ほぼ完成。

すげー。3日で一個サイト作れた。

たぶん、過去最高かと思います。
自分で自分を褒めてあげたいです(超自画自賛)。

(他の人に訊くと、「そのくらいなら私(オレ)でもできる」って鼻で笑われそうですが…いや、絶対笑われますが^^;…久しぶりに真剣に制作したので、疲れたようです…許してやってください^^;)
[PR]
by floorly | 2007-11-22 14:30 | Business

派遣さんはうちの会社では難しいのね…

会社のメンバーが二人です。そうです二人。
しゃちょーと私です…(涙)

先月まで、派遣さんが二人おりました。
一人は、総務事務をお願いしていた人。
あまりに暇だというので、ちょっとライティングをお願いしてみたらOKが出たのでお願いしたら…。
総務事務の範囲外だと派遣会社の営業に言われ、そのままいろいろしゃちょーに暴言吐かれたり(営業本人には暴言の自覚無し)してトラブったので、先月で契約を終了。
本当はそのまま派遣の方本人と派遣会社抜きで契約したかったくらいいい人だったのですが、それもルール違反であろうと言うことで、我慢した次第です。

そして先月から来ていた営業アシスタントをお願いしていた人。
若い割には仕事の経験があって、いろいろ知っていたのですが。
上記、事務の人が先月いっぱいと聞いて、何を焦ったのか、1ヶ月(試用期間中)で辞めたいと言い出しました。
いろいろ理由を聞いたのですが、どれもうちのしゃちょーが言ってもいない事、やらせていない事。
事務の人が辞めることで自分が事務もやらされると思ったらしいのですが…んなこと、お願いできる訳ないじゃなですかーo(`ω´*)o
そんなことしたらただでさえ「営業」という肩書きが付くだけで高くなっている時給がさらに高くなる訳で。
辞める人に引きずられて辞めるような人ならいりませんって感じです(怒)。

ここでやっとわかったのですが、うちのような小さい会社は、一人が何役もこなさなくてはならない場合が多いので、派遣さんに来てもらうのは難しいのだと。
それは時間的な問題ではなく、あくまでも少人数であるというところが問題です。
例えば、営業であってもうちで制作したサイトの校正はしてもらわないといけないし、文章が書ける事務の人に編集をお願いすることもある。
しかし、派遣さんだと、すべてが「肩書き」で決まってしまいます。
その人の「能力」じゃないのです。
つまり営業アシスタントとして来た人は、実際アシスタントとして仕事ができなかったとしても肩書きに報酬を支払わなくてはいけないのです。
逆にどんなに能力が高くても、事務で来た人はあくまでも事務な報酬です。

昨日テレビので、派遣でのお仕事は安定しなくて大変…みたいな特集を見ました。
会社から派遣会社に支払う金額と、派遣さんがもらう金額の差にも、派遣さんに話を聞くとびっくりしてしまいます。
そんなこんないろいろ考えると…小さい会社では派遣さんに来てもらうのは、ほんとに難しいことだとよくわかりました。はぁ…。

しゃちょーと二人だとある意味辛いので、早く新しいスタッフに来てもらいたいんですけどねー(泣)
[PR]
by floorly | 2007-10-11 17:51 | Business

お仕事モード〜ベビーシッターサイト〜

今日はお仕事の一環で、ベビーシッターサービスを提供している会社(?)のサイトを確認しておりました。
確認するのはURLが合っているかどうか、また連絡先の電話番号等がまちがっていないかどうかです。
が、あるすんごく不便な事に気づきました。

最近はネットでいろいろできるようになってきているものの、やはり急ぎの時とかメールが苦手という人は電話が便利だと思うのです。
パソコン操作が苦手って人もいると思うのですよ。
しかし、私が調べたサイトの半数以上は連絡先の電話番号を探すのに、結構手間取りました。
サービスを提供するサイトなら、トップページにどかっ〜〜〜んと電話番号があってもいいと思うのです。
というか、[一発で見えるところに載せとけ!]くらいの勢いで問いつめたいです。
それとも電話で質問されたり、または苦情もなきにしもあらずでしょうから、そういう電話を取りたくないのかと勘ぐってしまいます。

ユーザビリティだ、アクセシビリティだとこれだけ騒がれているウェブ業界なのに、しかも生きたサービスを提供するサイトで、これはどうよ?と頭をひねってしまった朝でした…
[PR]
by floorly | 2007-07-11 13:11 | Business

寂しがり屋の社長

何か最近愚痴ばっかりなエントリーですが…昨日も一悶着ありました○| ̄|_

現在動いている某仕事はあるパネルディスカッションの内容をまとめて編集し、ウェブを制作している会社に渡すというものです。
が、まあ、小学生もやらないようないぢわるを受けていたりして、予想以上に編集に時間がかかることになってしまいました。
この会社でそのパネルディスカッションに行ったのは社長と営業さん。
営業さんは編集はシロウトさんで、しかも小さい子どもたちを持つママさんなのですが、実際にその場にいたということで結構遅くまで作業していました。
ちなみに編集自体は社長が一番できます。(本を出版しているくらい)

そして私。
今回の仕事にはまったくといっていいくらい関わっておりません。
当然編集もライティングもできません。
しかしながら、頑張っている社長をほおっておくわけにもいかず、せめて終電ぎりぎりまではおつきあいしようと思っておりました。
23時30分くらいに、「そろそろ帰っても大丈夫でしょうか?」と訊いたところ、「心細いけど、やってもらえることもないしね…」と社長。
そして終電まで@30分…それまでに何度も「できることはありますか?」っと聞いていたのに、その時間になって、
「あ、そういえば、あれとこれを今日中にやらないといけなかったわ。お願いできるかしら?」
…社長…。私は何時間前からやることはあるのかどうか確認してましたよね…。
「タクシーで帰って構わないから!」
…そういう問題じゃないです○| ̄|_

結局解放されたのが2時に近い時間。
まさかこんなに拘束されるとは思っていなかったので、夕食も食べておらず、帰りのタクシーで吐きそうになったりしつつ、なんとか帰宅…。

ふと思い出したのが、以前この会社にいた女性のお話。
「社長、寂しがり屋だから…」はい、その通りですね…。
私にはできる事がないにも関わらず、一人になりたくなくて何かしらで引き留めておきたかったらしいのです。
…子どもじゃないんだからー(怒)。
私なぞ寂しがり屋ですが、仕事に関しては一人で集中できる環境の方がよっぽど進みます。
「寂しいから」という自分勝手な理由で残業に付き合わせるとは…うちに帰って結構凹みました。
せめてやることがあればよかったんですけどねー…、はぁ…、今日は一日眠気と戦わなければならないようです。
[PR]
by floorly | 2006-10-12 12:17 | Business

後日談

下のお話の後日談です。
先週10/2月曜日にN社のスタッフと一緒にクライアントに顔見せしてきました。
その時にウェブの方は完全にうちが引き取りますという話をして、先にN社で会社のパンフレットを進めるので、デザインと内容が決まったらウェブの話をしましょう、ということになりました。
そして先週の金曜辺りにデザイン案を持って行くというスケジュールでした。

そんなこんなな昨日…
会社で一人仕事をしていたアンニュイな午後(他のメンバーは外出&お休み)、お昼を食べにでるかどうか迷っていたところに一本の電話がなりました。
電話の主は、某会社の役員Kさん。

Kさん「○○社長か、floorlyさんいます?」
私「あ、floorlyですけれども、お世話になっております〜」
Kさん「ああ、floorlyさん、もしかすると聞いているかもしれないけど、お知らせしておくね」
っと、始まったKさんのお話。

先日の会社、会社案内とウェブサイトを作る予定であったのが、会社自体の設立が無くなったので、制作を中止して欲しいとこと。
その会社、アメリカに本社があり、日本法人を作りたかったらしいのですが、まだ日本にはいらないというか業績が不振というかで、中止になってしまったらしいのです。
私の方(ウェブ)はまったく手を付けていなかったので、問題ないのですが、N社の方はデザイン案を3種類作ると言っていたので…。
Kさん曰く、作業が発生した分の料金は支払う予定との事。良心的だー。

というか、あれだけ大騒ぎになったのに、結局無くなったって…
まあ、いいんだけど…
どういうこったーo(`ω´*)o
[PR]
by floorly | 2006-10-11 13:09 | Business

それはひどいんじゃないの?

ここ2、3日、社内でいろいろあってぐったりなfloorlyです。
それはまたおいおい聞いて頂くとして…昨日一本の電話から、面倒くさいことになった一件がでてしまいました。

それは私の会社と私が前にいた会社と、その両方の社長と知り合いのクライアントの三つ巴な関係が原因(?)となっている一件です。
話の発端は一本の電話。
以前うちでウェブを制作した出来たて会社の役員Kさんです。

Kさん「あ、floorlyさん?ちょっとお訊きしたいんだけど、うちのサーバのプロバイダーってどこだったっけ?」
私「えーっと、すみません、KさんからはFTP情報しかいただいていないですねぇ」
Kさん「そうかそうか、わかったー。ところで、Aさん(前会社の社長)から連絡行った?」
私「え、何も来ていないと思いますが…。」
Kさん「あのね、うちの関連会社の会社パンフ(紙)とウェブの制作をしたいと思ってさ、Aさんにパンフのお願いしようと思ったら、パンフもウェブもやるって言うからね…」
私「そうなんですか?」
Kさん「私はね、ウェブはD社(うち)にお願いするって決めてるからって言ったら、おたくが請求先になって、制作はうち(N社前の会社)でやりますっていうからさぁ」
私(青くなっております)「いえ、社長からは何にも聞いてないですねぇ」
Kさん「あら、そうか。」
私「とりあえず社長戻ってきたら確認してみます〜」

っとそんな会話がありました。うちの社長なら前の会社の社長から何か連絡あれば私に速攻言うはず。
そしてそんな社長が戻ってきたのが電話の45分後。我慢が大変でしたー(´Д⊂
早速社長に聞いてみると、まったく話を聞いていないとのこと。
とりあえず状況を訊いてみてください〜っとお願いして電話してもらったものの、A社長は外出で捕まらず…。
これじゃあ、仕事の横取りじゃないかー!!
しかしながら請求はうちの会社から…一体どうなっているんだろう…。

長くなるので続きはコチラ>>>
[PR]
by floorly | 2006-09-29 14:13 | Business

夏休みパニックの「原因」から来た結果

先日の夏休みパニックの原因となりました某プロジェクトですが、本日結果が出ました。
22日発表というお話だったのですが、郵送だったせいか本日に…。
結構いい加減です。

さて、結果ですが…
…をちました(´・ω・`)。

ちなみに一次審査で20数社、二次審査(プレゼン)では5社。そこには入っていた訳ですが…
超大手が入っていたので、無難にそこに決まったのだと思います。
一応、評価表(5社分)も同封されていましたが、そんなものはいくらでも作れてしまうので当てにならないと社内で話しております^^;

正直、このプロジェクト、私個人的には落ちてもいいと考えておりました。
この会社では、そんな大きなポータルを構築した経験もないし、予算もクライアントが要求するものを達成するには数百万少なく、アウトソーシングしないと稼働しないうちでは、相当苦しいプロジェクトになることは、容易に想像できたからです。
今回落ちたことで、提案ベースで何がどこに足りないか、動き始めの時期等、いろいろわかったことでも十分勉強になったと思います。

残念なのは残念ですが、今回のうちの企画と、実際に立ち上がるサイトを見て、また勉強になればいいなぁっと思います。
※生活していくには仕事取らないといかんのですがねぇ…/(-_-)\
[PR]
by floorly | 2006-09-26 13:14 | Business

5年に3人のイツ材

新しい会社に来てそろそろ2週間が経とうとしています。
私がここに来た時は社長の他に女性が二人(派遣さんと出向さん)、そして派遣の男性が一人おりました。
今回の主人公(?)はこの男性です。
年の頃は30歳。雰囲気はほんわりした感じの一見好青年でした。
初面通しはまだ前の会社にいた頃、クライアントとして2度ほど顔を合わせ、1度は一緒に客先に行きましたが…。
社長から聞いていた能力条件と比べて違和感があるのです。

基本情報:
・基本的なHTMLはわかる。Dreamweaverも使える。
・営業で来ている。

私がちょっと怪しいぞと思ったポイント:
・初めて打ち合わせに行った時に、納品物のCD-Rを持ってきて「これを先方に渡せばいいんですよねー?」…データは確かに私が準備したものですが、最終クライアントへの納品方法までは知りません(-_-;)。私はそのCD-Rすら準備してないです。
・営業という事だから、年齢から考えて普通にクライアントと話せるかと思ったら、事前に打ち合わせしていたにもかかわらず、しどろもどろ。
・下請け会社として、今の会社にデザインの説明を送ったら、そのままコピペして最終クライアントに送ってしまった。最終クライアント用に書いたメールじゃないのに(´Д⊂

その後、会社に来てからのポイント:
・社長の業務を軽減するための窓口になるはずが、クライアントからのメールはすべて社長に転送するのみ。自分では何もやらない。
・別の社員が「Dreamseaverの事でちょっと教えてもらってもいいですか?」と訊いたら、画面を見もせずに、「わかりません」と即答。
・財務関係の部署に勤務しており、簿記1級を持っているはずなのに、「経理関係頼んでもいい?」と訊いたら「いや、それはちょっと…」(うそやん!>心の声)
等々。

そして先週のある日…いきなり無断欠席をしたので、なんとか連絡を取ろうとしてみたら、派遣会社の担当から、「交通事故にあったらしい」との連絡が。
病院にいて、これ以上勤務出来ない状態なので…とメールが来たそうです。
しかし、どこの病院かとか、その他情報は一切無し、携帯は着信拒否設定。
会社のカードキーを持っていたので、管理会社に連絡して急遽使用停止にしたり、会社からなくなっているモノがないか、チェックしたり…。
そして派遣会社の担当者がメールだけで埒が明かないと自宅に行ったら、誰もおらず、6月1週間くらいしか働いていないのに、送られてきた勤務表は6月いっぱい仕事をしたことに…(-_-;)

担当者さん曰く、「ここ5年で3人の登録者に逃亡されましたよ…。しかも全員男性なんです。」
この主人公の彼は、まだいろいろ悪さしてなかった分ましだったようですが…。
世の中にはいろいろな人がいますねぇ…(しみじみ
[PR]
by floorly | 2006-06-15 18:29 | Business

オフィスでお茶を出されたら…

オフィスを訪ねたり、訪ねられたりしていいると、相手がクライアントでも、
こちらがクライアントの立場でもお茶を出したり出されたりする機会が多々あります。

昨日の出来事。
我が社に面接にやってきた男性にお茶を出しました。
うちのプロデューサ(面接官)とその男性二人に出したのですが、
その男性は出されたお茶に対して何も反応がありませんでした。
ふむ…確かにすでに簡単な挨拶話自体は始まっていたけど、
これってどうなんだろう…。
出した私から見た感じは、当然いい印象はありません。

そして先程。
我が社に訪問した某企業の営業担当者お二人。
今回も私がお茶を出したのですが…
女性は軽い会釈と共に「ありがとうございます」とさらっと言って頂きましたが、
男性はなんの反応も無し。
確かに…今回も挨拶話は進んでいましたが…。

仕事上の仕事の話、そこで話の腰を折るのもどうかと思いますが、
お茶を出された時に、出してくれた人に軽く会釈くらいはできると思うのです。
して欲しいとは思いませんが、そうした方が出してくれた人への礼儀だと思うのです。
そういう所で人間性を感じてしまうのは、極端なんでしょうか…。
[PR]
by floorly | 2006-02-21 17:04 | Business

Outside Links

最新のトラックバック

ホワイトバンドとSTAN..
from 天下一ケンチクンへの挑戦  ..
ホワイトバンド
from KICKSBIZ-スニーカー..
ホワイトバンドを身につけ..
from 自然の法則って?
ケガをする。
from 逃げ水を追う
チーズケーキ
from これはおいしかったチーズケー..

ファン

ブログジャンル

画像一覧