A Perfect World


前に前に進むのだ!
by floorly
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

「いくつに見える?」

といっても、合コンのお話ではなく…。
以前、コンビニではレジ打ちの時にお客さんの年齢を想像して
10代、20代、30代、40代、50代等々記録を取っていると聞いた。
コンビニのレジは私たちお客の立ち位置からは内容は見えないけれど…。

先週、某さ○てんでお弁当を購入した。
先に別のお客さんがいたので、隅の方に立って待っていて
注文を訊かれたので、注文をした。
その時、何気なくレジの液晶画面が目に入ったので
見てみると…そこには大きなボタンで
「10代」「20代」「30代」「40代」の文字が!
レジは40代後半から50代のおばさま。
「む、私はこの人から見るといくつに見えるんだろう」と
どきどきしながらボタンを押す指の行方を見守っていると
ちょっと迷って「30代」。
…まあ、正解だけど…さすがに20代には見えなかったか…(がっかり)

今回は私よりも年上の女性の判断だったけれど、
自分よりも若い人から見られた場合、「いくつに見える?」んだろう。
(どきどき)
[PR]
by floorly | 2004-10-27 11:28 | Diary

アップル、カラーLCD付きiPodを発表--黒いケースのU2特別版も

カリフォルニア州サンノゼ発--Apple Computerは26日(米国時間)、同社の人気音楽プレイヤーiPodの新機種として、カラーLCD付きモデルを発表。あわせて、ロックバンドのU2との提携によるスペシャルバージョンの発表も行った。

Appleはこの2つのバージョンを、サンノゼで開いた記者会見で披露した。カラーモデル「iPod Photo」は、本体の液晶画面や接続したテレビに写真を表示する機能が付いている。価格は、40Gバイトモデルが499ドルで、60Gバイトモデルは599ドル。どちらも液晶画面には6万5536色の表示が可能。
詳細はこちら
CNET Japan
----------------------------------------------
前から会社の同僚が出るよ〜って言っていたiPodのカラー液晶バージョン。
た、高い!!けど、欲しい…。
U2バージョンにもちょっと惹かれます♪
[PR]
by floorly | 2004-10-27 11:00 | Macintosh Tips

脳内空想ストーリー

私はプチゲーマーである。
「プチ」というのは、「コア」でも「オタク」または「廃人」でもない中途半端なゲーマーだから。
現在(初)某オンラインゲームで遊んでいるけど、ちょっと人間関係にトラブルが…。
それで思い出した、笑ってしまったお話。

留学時代、つきあっていた人がいた。
学生時代&日本に戻ってきてからと長くつきあっていたけれど、
日本に戻ってきてから環境が変わったせいか、別れてしまった。
私たちにはアメリカで共通のお友達がいて、そのお友達とは別々に
つきあいが続いていたのだけれど、あるクリスマスにその友達からカードと手紙が来た。
私が先にクリスマスカードを送ったその返事として来たのだけれど、内容が不思議だった。

私からカードをもらってよかった。連絡先が変わったと思ってたから、と。
おや?それは一体どういう意味?
っと不思議に思った私は速攻返事を書き、どういうことなのかと聞いてみた。
友達から来た返事に私は吹き出してしまった。

S(別れた元彼)から聞いたのだが、Floorlyは親に反対された人とつきあっていて、
その人と結婚したいために、駆け落ちし、行方不明になっている。
SもFloorlyと連絡を取りたいと思い、Floorlyの両親に連絡したんだけれど
両親も行き先を知らないという。

おいおい…その脳内で作り上げたウソ話は一体どこから来たんだ…。
友達には早速、それは全部ウソだから信じるなと手紙を送った。
友達からの返事は、うそだと知ってびっくりしたのと、Sには黙っていてくれと…。
そりゃー、黙ってますよ。連絡取らなくなってから数年経ってるし。

ちなみに別れをもちかけてきたのは向こうで、別にトラブった訳ではない。
そんなめちゃくちゃなウソ話をされるいわれはないのだけれど…。
しかも別れてから何年経ってるんだ…。

あんまり面白いので、両親・友達に話して大ウケたのは言うまでもない。
ただ…今でもその話を作り上げた理由を本人に訊いてみたい。
[PR]
by floorly | 2004-10-25 14:13 | Diary

雨の日の電車はなぜ混むのか

特に地下鉄に乗っている時に感じるのだけれど、
普通の日は普通の混み具合なのに、なぜか雨が降ると
人が増えるのはなぜだろう…?
いつも乗らない人が乗ってくるのだと思うのだけど、
じゃあいつもはどうやって出勤してくるんだ…?

思わず「どこから湧いてくるんだー!」と思った台風の夜の帰路でした。
[PR]
by floorly | 2004-10-21 10:39 | Diary

究極の選択まで後一歩

Photoshopの不調を嘆いてきた今日この頃…
昨日ついに普通に保存さえできなくなった。
もうだめだ…OS9を新しく入れるしか!
昨日は午後から外出だったため、今日会社に来てから作業を開始。

アップルのTech Info Libraryから探し集めた情報を元に進める。
なになに…まずOS9のシステムフォルダからFinderをはずせと…。
でもってシステムフォルダの名前を変えろ?
…できん。できんじゃないか!
サイドマシンのWindowsに移動してTILを探してみる。
所有権を変更する…?どこの所有権じゃい。
このマシンは私のものよ!(所有権確認した)
あれ…システムフォルダにも所有権があるのね…(汗)
よし、変更、インストールじゃー!
そして新規インストールが終了。
はあ…またここからシステムの設定しなおしか…(お腹空いたなー)

まずは問題のPhotoshopをいれてみるか…
シリアルは私愛用のPalmの中に。昨日充電したし、無問題!


充電されてない。シリアル見れない(涙)
Photoshopのインストールは明日にしよう…。

これでだめなら…初期化です、はい。
[PR]
by floorly | 2004-10-14 14:47 | Macintosh Tips

アッ○ルサポートセンターでございます

もちろん私の勤め先はアッ○ルではない。(そうならどんなにはっぴーか…)
そして昨日は朝から体調が悪くて会社を休んでいた。
午前中、うーん、起きれない起きれないーーーっと苦しんで(?)
午後、会社の人から電話が来るまで爆睡していた。
そのせいか、夜は結構体調も戻ってきた。

そしてその電話が鳴ったのは、なんと夜11時過ぎ。
こんな時間に電話がかかってくるのは、実家からだろうと思い、
電話に出ると、それは会社の人。
げ!なにかトラブルなのか!?この時間にトラブルなのかーー(涙)
と思ったら、同僚本人のトラブル。
彼は自宅のiMac(OS8.6入、ボンダイブルー)のOSを9.2.2にしたいと
まず9.1にしてから頑張っていたらしい。
ちなみに彼は超アナログ野郎である。
その時間までは会社の他の同僚に電話でサポートを求めていたらしいが、
その人が帰ってしまったため、私に電話を掛けてきたらしい。

(ちょっと待ってよー、私は今日体調不調で会社を休んでいるはずだけど…)
「いやー、3回鳴らして出なかったら切ろうと思って」
「私の電話はベッドの頭の部分にあるので、絶対出ますってー」
「そうかそうか」(そうかじゃない!)

そしてその後1時間以上に渡って彼を私のやりとりが始まった。
…けど、インストールとかアップデートでトラブられても
マシンが目の前にないと、なんとも判断が出来ない事も多い。
これこれこうしてみてー、で一度電話を切る。
またかかってきて、うまくいかないー。じゃあ、こしてみてー、で、また切る。
その繰り返しになって来て、気分はまさに
「アッ○ルサポートセンターでございます」(本当にそう言うかどうか忘れちゃったけど)

結局アップデートはうまくできたかどうかすらわからないまま終わったらしい。
…アッ○ルのサポートはただじゃないですのよ。
[PR]
by floorly | 2004-10-08 12:46 | Diary

夢の中で住んでる家は…

今朝、なんだか二度寝をしてしまい、町中ゾンビみたいな人が溢れ、
前の前の会社で一緒だった人(なぜ今頃…)に襲われたので、ナイフ2丁を駆使し、
闘っている夢を見た。
ちなみに夢診断(占い?)では人を殺す夢よりも自分が殺される夢の方がいいそう。
それでも訳のわからんゾンビみたいなのに殺されるのはちょっと…。

っと、それはいいとして。
最近見る夢の傾向として、だいたい夢なんて突飛なストーリーなのだけれど、
私の住んでる家はとっても素敵なものが多い。
ある時は年代物の日本家屋で、一軒家の2階。
畳のにおいがしてきそうな3部屋を使い放題、外側に廊下があって
庭の松の木がいい感じに影を投げかける…。

またある時はヨーロッパのこじゃれた小都会にあるようなアパートの一室。
細長い間取りで2LDKくらいで、片面はずーっと窓があって、
家具はカントリー調の柔らかい感じ。
なぜか窓から出入りしてたのが気になるけれど…

先日は超ハイテクなお部屋に一泊試泊。
白で統一された部屋は無駄が一切無く、直接照明も一切無し。
キッチンがめちゃくちゃ広かったのは「?」だったけれど^^;
脱出用の出口があってそこは同じ階に住んでいる人共有(なんのため?)。

テレビとか雑誌とかに感化されて見るんだろうけれど、
そんなお部屋を見てから目を覚ますとちょっと空しい(涙)。
いつか素敵なおうちに住めるといいな〜。
ちなみに部屋は素敵でも見ている夢の内容はどーしょーもないものが多いです。
[PR]
by floorly | 2004-10-05 14:06 | Diary

会社新名刺

前からデザインは出来ていたものの、
忙しさにかまけてほおって置いた会社の新名刺。
だんだんと同僚の前の名刺の残りが少なくなってきたので
真剣に印刷しないといけなくなってきた。

色の確認にとインクジェット(これがくせ者)で印刷したのは
インクが沈む事もなくとってもきれいにできているので
実際に印刷するとなると色の再現が非常に怖いわけで…。
しかもさっき印刷会社の人と相談していた時に
「むー、やっぱり裏面前面ベタはまずかったかしら(激汗)」
っとちょっとデザインに後悔モードが…。

だいたい部署ごとに色分けする事もまずかったかな…。
だって特色にしたら5色になっちゃうし。
しかもオフセットだと網点(*)見えちゃう危険度高し!
色校も最低2回は見ないと安心できないし、紙もコート系の
色が沈まない白のきれいなのじゃないと、ちょっときつい。

見積いくらで出てくるかなー。
高いとデザインやり直しですよ!!

…いっそのことインクジェットで…っと頭を抱えてたり。
新名刺、遠いです。
[PR]
by floorly | 2004-10-04 18:58 | Business

今一番怖いもの。

OSXのClassic環境で動かすPhotoshop6.0.1
(私のマシン限定)

貞子よりもフレディよりもジェイソンよりも、
感染よりも予言よりも怖い。

お願いだからちゃんと動いてーー(涙)
いや、まじでモニターから貞子出てきてもいいから!
[PR]
by floorly | 2004-10-01 18:23 | Macintosh Tips

シンドラーになれなかった2社

ちょっと前の話題になるけど、近鉄とオリックスを巡る
いろいろな企業・人間関係を見ていて、映画「シンドラーのリスト」を
ふと思い出した。
映画の中で、シンドラーは大戦中のドイツで迫害されるユダヤ人を
救おうと自分の会社にできるだけ採用し、実際多くのユダヤ人を救った。
ところが、あるドキュメンタリーで本物のシンドラーは別にユダヤ人を
救おうと活躍した訳ではなく、単に安い賃金で雇う事のできるユダヤ人を
採用しただけで、それが後の美談になったのだというのだ。

球団を丸ごと買い取るよっと言ったライブドアの社長さん。
彼にどんな思惑があったのかはわからない。
有り余る(?)財力を示したかったのか、近鉄の大大ファンなのか、
シアトルマリナーズを救ったNintendoのようになりたかったのか…。
楽天も然り。
どんな理由があったにしても、球団ごと救えたのなら、ファンや選手にとっては
どんなに幸せだっただろう…。

シンドラーはもしかしたら確かに安い賃金のユダヤ人を確保したかっただけかもしれない。
でも彼は確かに何十、何百もの大切な人命を救ったのだ。
シンドラーになれなかった二社ではあるけれど、
その心意気は捨てたものじゃないなっと思った。
[PR]
by floorly | 2004-10-01 17:40 | Diary

Outside Links

最新のトラックバック

ホワイトバンドとSTAN..
from 天下一ケンチクンへの挑戦  ..
ホワイトバンド
from KICKSBIZ-スニーカー..
ホワイトバンドを身につけ..
from 自然の法則って?
ケガをする。
from 逃げ水を追う
チーズケーキ
from これはおいしかったチーズケー..

ファン

ブログジャンル

画像一覧